読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでにしたいいろんなこと

死ぬまでにしたいけどわりとすぐできちゃうことを実施して記録するゆとりブログ(欧州滞在2年目)

本が終わって、書類・化粧品が終わりました

片付け

昨日の続きです

 

yyyamori.hatenablog.com

 

本をやってみて、前回わたしが「こんまり流」片付けに失敗した理由がわかりました。

 

それは

 

「ダメな自分・不安すぎる将来」に目を向けたくなくて、

テキトーに捨てるモノを選んでいたから

 

でした。

 

お金がなさすぎて不安で服が捨てられない。

 

将来もしかしたら使うかも・・・と大学の時に買った資格用の高い教科書が捨てられない。

(もうその資格をメインに働く予定はありません)

 

これでは「わたしはいつまでたっても貧乏で、過去の栄光にすがりついてます」

と言っているのと同じなのかも。

 

特に実用書、参考書や教科書は怖くて怖くてなかなか捨てられません。

捨てようとすると胸が張り裂けそうでした。

 

一度は捨てるモノのゾーンに運ぶが、トイレに行って帰る時に拾って帰って来ちゃう始末。

 

 

「大丈夫、必要だったら、必要な時に、また手に入る」

 

と何回も何回も自分に言い聞かせました。

 

・・・・・ホントかな(TT)

(自分で言っておきながら・・・)

 

でも、今回の「捨てる作業」は、

なんだか絶対に真剣に向き合わなければ、と強く思うのです。

 

多分、人生最後の片付けになるような気がしています。

 

引き続き頑張ります。

 

とりあえず服の片付けが終わりました

片付け

昨日の続きです

 

yyyamori.hatenablog.com

 

↑の記事で述べたように、突然私が死んだ時のことなども考慮して、

もともと物を持たないようにしているので、

服で「ときめかないもの」はそんなに多くなく、

30Lの袋一つ分でした。

ウィーン市内各所に置かれている寄付ボックスに入れてまいりました。

 

今日は本です。

これは難しい。

日本語の本ってこちらで簡単に手に入らないし、

実用書はともかく、小説は捨てられない私・・・

 

でもがんばります。

それでも片付かない私はなんなのか

読書 片付け

留学に来た当初は1年未満で帰る予定でした。

 

(縁あって奨学金が延長になったり、

奨学金終了後も働くことができる場所を見つけたので、

今はオーストリア永住希望です。

少なくとももう少し長くいたい。オーストリアの生活が気に入ったので)

 

そんなわけで、いつ帰ることになってもいいように、

また、私に何かあった場合の片付けが楽なように、

荷物は最低限にしようと心がけて生きています。

そもそも学生向けのフラットに住んでいるので、

物を置く場所はない。

 

なのに!なのになのに!

私は片付けができないのです・・・

 

というわけで、こちらの本を読んで、

今日からがんばります。

 

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

 

 オリジナルの方は日本で買って読んだんですけど、

実践したところ、

必要な物まで捨ててしまい後悔するということ経験しました。

「ときめかなくても必要な物があるじゃん!」と思って、

当初はこの本を恨んだりもしたのですが(笑)

あとから振り返ってみると、

ちゃんと「ときめき」を吟味していなかったり、

次に新しく「ときめくもの」を吟味して買えばよかっただけなのかも、

と思いました。

 

最初のチャレンジだから失敗しても当然ですし、

そこから学んだ今、私にはできる気がなんとなくしている・・・!

 

今回は時間をかけて、慎重に吟味しながらいきたいと思います。

 

ちなみにオーストリアの書店でもドイツ語版が買えます。

片付けが苦手で引越しのたびに大変なことになっているオーストリア人の友人にプレゼントする予定です(笑)

 

 

 

「絹さやの下処理」に思う、小さなカルチャーショック

日常

日本語が習いたい、日本に興味がある、というオーストリア人は、

日本料理も好きな場合が多く、

タンデムパートナーの何人かと、自国の料理をお互いに作る、というのをときどき、楽しんでいます。

 

今日はタンデムパートナーが肉料理の付け合せに野菜炒めを作ってくれました。

日本で言うところの「絹さや」を入れようとしていたのですが、

なんと彼、すじをとらないのです。

 

私が「え、すじとらないの?」って聞いたら、

「そんなことするなんて聞いたこともない」というので、

試しにとってあげました。

 

実食後、

「いつもすじのところが必ず1個か2個、口に残ってイーっ、ってなってたのが、今日はなかった!今度からすじはとることにする!」

と大変喜んでいました。

 

彼だけが知らないのか、オーストリアの人はみんなすじとらないのか、

どっちかわかりませんが、もしみんなとらないのだとしたら、

日本の「子供がよくするお手伝いの定番」としての「絹さやのすじとり」が

わかってもらえないんだなー、と思いました。

 

ちなみに、こういう「ちょっとした常識の違い」で一番驚いたのは、

「はさみの渡し方」

 

日本だと小さい頃から、他の人にはさみを渡すときは刃のほうを握って渡す、と習いますよね。

あまりにも当然のように身に染み付いていたことだったので、

留学してすぐに同僚に「はさみ貸して〜」と頼んで、

「はい」と刃のほうをにゅっ、と突き出されたときに、

脳がそれを受け入れられなくて、フリーズしてしまったことがありました。

(それまでの生涯ではさみを刃のほうから渡されたことがなかったからだと思います)

 

私の脳ってあまりにも「常識」と思ってることが覆されると、

こういう反応をとるんだ!と興味深かったです。

 

こういうちょっとした違いってけっこうおもしろいです。

他の人や他の国・地域では、また違った経験があるのでしょうね。

どんなものがあるのか興味があります。

震災に関連する漫画

読書

特に書くこともなくさぼってしまっていました。

 

最高気温が20℃近くなることもあって、散歩には行きやすくなったので、

運動不足は解消されそうです。

 

すっかり日本の情報を入れるのを怠っていましたが、

3.11 当日は何かしようと思い、こちらの本を買って読みました。

 

ナガサレール イエタテール

ナガサレール イエタテール

 

 多分、漫画に描いてある以上に大変だったのでしょうが、

作者さんの描き方で深刻になりすぎずに読めました。

私の父の実家が別の震災で被災したとき、80歳を越える祖母を東京に迎え入れた時のことを思い出しました。

彼女は大変フレキシブルで楽天家の性格で、

「早く帰りたい」などは私たちには一切言わなかったですが、

生まれ育った故郷を離れ、どんなにか心細かっただろうかと思います。

 

 

今日はこれだけ。

春が来ている

日常

最高気温が10℃を超えるようになりました。

 

お気に入りのアイスクリーム屋が開きました。

ウィーンの人気のアイス屋は3月から10月までしか開いてないことが多いです。

夏はすごい忙しいけどはあとは全部バカンス・・・

いや、もしかしたらアルバイトとか他の季節労働をしているのかもしれないですが。

 

今日はこれだけ。

言語学習に対するオーストリア人の姿勢

英語 ドイツ語

f:id:yyyamori:20170302060423p:plain

 週に1回〜2週に1回、英語のスピーチクラブに通っています。

 

 

 

オーストリア人が6割、私のような外国人で非英語ネイティブが3割、アメリカ出身など英語ネイティブが1割です。

 

その中で私の英語レベルは最底辺です・・・

これは卑下でもなんでもなく、事実です、悲しいことに。

 

英語の向上が目的ではなく、

スピーチの技術の向上が目的のクラブなので当たり前といえば当たり前なのですが。

 

私は強制的に人と会う機会を作らないと、

どんどん内にこもるし勉強もサボりがちなので、

知人のすすめでこのスピーチクラブに通い始めました。

 

他のメンバーが神々しいレベルに心が広くて優しいので、なんとか続いています。

 

昨日も、メンバーの一人がなんと日本語で話しかけてくれました

彼はオーストリア人ですが、ハワイに1年間いて、

ルームメイトが日系人だったのをきっかけに日本語に興味を持ち、

日本語教室にも1年通ったそう。

 

「もう20年前のことだからけっこう忘れちゃったけど、ひらがなは全部まだ覚えてるよ!」

とのこと。

 

いつも驚くのですが、ヨーロッパで、特に都会でそれなりの会社や地位で働いている人は、

母国語と英語以外にもう一つビジネスレベルに話せる言語があって、

さらに挨拶くらいできる言語があることが多いです。

 

例えばオーストリア人だと母国語のドイツ語に加え、英語、さらにスペイン語が流暢で、プラス興味がある他のヨーロッパやアジアの言葉で挨拶ができるとか。

 

日本より小さい頃から英語の授業があるし(幼稚園から)、

日本で言うところの中学からラテン語が必修であること(ラテン語ベースのヨーロッパ言語はとても多い)、

高校で必ず第2外国語を学ぶことなど(この高校の授業だけでペラペラな人もけっこう多い)、

教育システムの違いによるところが大きいのはもちろんですが、

精神的な面で、彼らは新しい言語に対するハードルが日本人のそれより低い気がします。

 

日本人は例えば英語を学ぶ時、

「どうせならビジネスレベルにならなきゃ」

「字幕なしで映画を見られるレベルにならなきゃ」

ってプレッシャーをかけちゃうことが多い気がしますが、

 

こちらの方々は

「話してみたい!」

っていう動機が多い気がします。

 

だから、中途半端でも、自分がハッピーなら、そこでやめちゃう。

日本人は突き詰めすぎなのかもしれませんね。

 

とはいえ私は仕事のために英語もドイツ語も精進しなきゃいけないので、悠長なことは言ってられませんが・・・

 

今、言語も含め壁にぶち当たり中なので、道を模索中です。