死ぬまでにしたいいろんなこと

死ぬまでにしたいけどわりとすぐできちゃうことを実施して記録するゆとりブログ。(澳国滞在3年目に入りました)

「アーモンドのかたちの目ね」

私の目は日本人としてはそれなりにぱっちりしている方だと思う。

 

「お人形さんみたい」にくりくりしているわけではないが、

少しつり気味で、でもちゃんと白目が見えるので「目力が強い」と言われる。

 

自分の顔の中でもっとも好きなパーツである。

 

だがしかし!

 

ヨーロッパでは「Asian eyes」とひとくくりにされてしまうレベルである。

 

友人や同僚にたまに「世界が狭く見えたりする?」というジョークを言われることがある。

「小さくて可愛い目」と言われることもある。

ジョークだとわかっているし、本当に褒めてくれてるというのもわかっている。

そしてたしかに欧州の人の目の「ぱっちり」加減はもう、

比較の対象にならないレベルなので、腹も立たない。

 

ただ、人種が違うから骨格も全然違うわけで、

仕方ないとはわかっているけど、

それでもやっぱりあの、マツエクもアイラインもマスカラもいらない印象的な目を見ていると、うらやましくなってしまう。

 

そして、仕方ないとはいえ、ちょっとだけ、傷つく。

 

そしたら先週、上司と世間話しているときに、何かの拍子に目の話になって、

彼女は私の目のことを、

 

「アーモンドのかたちの、きれいな目ね」

 

と表現した。

http://01.gatag.net/img/201507/29l/gatag-00012527.jpg

 

そういえば、最初のルームメイトのイタリア人のエリー(仮名)も、

私の目のことを「アーモンドの形で素敵」と言ってくれたのだった。

 

鏡を見てみれば、たしかに私の目の形はアーモンドにそっくりだ。

 

スペインやイタリアの暖かい地方では今、

アーモンドの花が綺麗に咲いているらしい。

アーモンドの花は日本の桜に似ていて、春の風物詩なのだそうだ。

(私は写真でしかみたことがない)

 

だからたぶん、アーモンドは「美しい」印象がある植物なのだろう。

 

そう考えると、自分の目が、より一層いとおしくなる。 

 

(もしかしたら小さい目のことを褒める時のおきまりの社交辞令なのかもしれない) 

 

結婚した

2年くらい交際したオーストリア人のパートナーと先日、結婚した。

 

結婚の話はずっと出ていたのだけど、

私の就職が実現するまで待っていてくれた。

滞在許可に対するプレッシャーがない状況での私の返事を待っていてくれたのだった。

 

下世話な言い方をしてしまえば、私がビザが欲しいが故に気持ちを偽って"yes"と言ってしまう可能性を排除した、ということになる。

 

彼は自分の防御のためにそうしたのではなく、

あくまで私の本当の気持ちを優先したいからそうしてくれたのがわかっていたので、

とても嬉しかった。

 

お互いの知人、友人の国際結婚カップルに話を聞いたところ、

オーストリアでは日本みたいに書類を書いて提出したら結婚できるわけでなく、

最低でも証人を2人連れて簡単な儀式的なものをしなければならないとのこと。

だから予約が必要で、ウィーンでやるなら3ヶ月は待たなければならないという話だった。

 

双方クリスチャンならクリスチャン式のセレモニーをすることができる。

そうじゃない場合でも親族を呼んで簡単なセレモニー的なものを行うことができる。

セレモニー的なものをする場合はもっと待たなければならないという噂。

 

私たちはお互いあまり信心深くないし、そもそも私はクリスチャンではないし、

とりあえず一番かんたんな証人だけ連れて行くスタイルのものを予約しようということで、書類が揃っているかのチェックをしてもらう目的も兼ねて、ある日役所にふたりで出かけた。

 

ウィーンの冬はあいかわらずで、

毎日じめじめしていて、車の窓から見える空は灰色で、寒かった。

 

役所は思ったより空いていて、担当の女性のオフィスに呼ばれた。

話を聞くとなんと、2年前に法律が変わって、

今は証人もいらないし、ちゃんと書類が揃っていさえすれば、

二人のサインだけで結婚できちゃうらしい。

 

そして私たちの書類は完璧だった!

(3年目にしてオーストリアのお役所仕事への対応に慣れてきた気がする)

(つまりHPとかに書かれていなくてもありったけの必要な可能性がある書類を持っていくということ)

 

いつ結婚したいですか?と聞かれて、

できれば早い日付で・・・と答えたら、

今からでもできますよ!とのこと。

 

びっくり!

 

そもそも何のセレモニーもいらなかったので、

別に「今から」でもよかったのだけど、

二人ともなんとなく時間が欲しくて、

覚えやすそうな日付だった、3日後の11時を予約してきた。

 

帰り道は何やらほかほかした気分だった。

 

3日後の朝は、二人でテキトウな朝ごはんを食べて、

普通の服を着て、車に乗って役所に出かけた。

 

ここ数日の雨が嘘のように、青い空が広がっていて、

それだけで「さすが私たち!」という気分になった。

 

先日の手続きをした女性のオフィスに呼ばれて、

書類に間違いがないか確認して、

本当に結婚しますか?と聞かれて、はい、と答えて、サインした。

 

彼女はとても親切で、本当に暖かい笑顔とハグと言葉で祝福してくれた。 

 

ドレスもなく、指輪もなく、苗字も変えず、こちらから言わなければ誰にも気づかれない私たちの結婚。

 

結婚した日の空が特別に青かったことを、がんばって忘れずにいようと思う。

で、どうすれば風邪をひかない(または早く治る)んだ??

引き続き風邪をひいています・・・

 

よく

「ひきはじめの風邪にはコレ!」

とか

「ひきはじめに◯◯をすると翌日にはスッキリ!」

とかいろんな情報を聞きますけれども、

 

わたくし風邪をひくと何をどうしても1週間は具合が悪いです。

 

「おかしいな?と思ったら早退してでも早く帰って寝る」

「おかしいな?と思ったらうがい薬でめっちゃうがいする」

「おかしいな?と思ったら葛根湯を飲んで寝る」

「おかしいな?と思ったら生姜湯を飲んで寝る」

「無理に食べないで水分を多めにとってあったかくして寝る」

「よっぽど辛くなければ実は体を動かしたほうがいい」

「解熱鎮痛剤は飲まないほうがいい」

「いやいや、実は飲んだほうがいい」

 

など、いろいろ試しましたが、何をどう組み合わせても結局きっかり1週間は具合が悪いです。

 

咳なんかはひどいと2週間くらい残ったりするし・・・

 

虚弱体質というわけではないと思うんですが・・・

もしかしたら自分がそう思ってるだけで実際はそうなのかも?

年に3回風邪ひくって、結構な頻度なのかもしれない。

 

 

一般論ではなく個人の体験談で、

 

「コレは絶対!」

 

っていうのを知りたい今日この頃です。

 

お客様には要注意・・・

普通のクリスマスホリデーと少しずらして正月ホリデーを楽しんでいる最中なのですが、

風邪をひいてしまいました・・・

 

年末年始にかけてパートナーがゲストを家に泊めたいというので、

彼もひとりでホリデーシーズンを過ごすのは寂しいだろうし、

(私は仕事でクリスマスホリデーを一緒に過ごせなかった)

(本当は仕事続きででヘトヘトの体をゆっくり休日で癒したかったんですけど)

テリトリー意識が強いタイプなので知らない人を長く泊めるの苦手なのです)

(”できれば遠慮してほしい”とも言ったんですがビジネスで重要な相手だというので)

OKを出したんです。

 

そしたらそのゲストがタチの悪い風邪をひいていまして、

ゲスト→彼→私

の順で見事に感染しました!いえい!!

(やけっぱち)

 

彼もだいぶこたえたのか

(ひどい咳に高熱、関節痛あり。お腹に来なかったのが救い)

"no more guests for a while..."

と言いながらうなされて眠っていました・・・

 

私は彼ほどひどくなかったので、かといってでかけることもできないし、

腹いせに眠る以外はずーっと料理してました。

 

念願の雑煮もたこやきも作ってやったぜ!!!

 

たこやきはたこ焼き器を持ってなくても、ケーキポップメーカーで作れるということを知って以来、ずーっと作りたかったのですが、

先日スーパーで安く売ってる(20ユーロ)のを見つけ、衝動買い。

 

すごくおいしかったのですが、

なにせタコが足1本でケーキポップメーカーと同じ値段する国なので、

次からは冷凍エビとか、カニカマとか、もっと安い代替品で作ることでしょう・・・

 

 

おかげさまで予定していたひとり小旅行もキャンセル。

 

唯一の救いは、件のゲストが某有名リゾートにお住まいなので、

夏にお呼ばれしていること。

歓待を期待しています・・・笑

(欲深いな、自分)

 

昨年の抱負の振り返りと今年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

 

まずは2017年、昨年の抱負をどれだけ達成できたかのチェックから。

 

 

yyyamori.hatenablog.com

 

昨年の抱負をまとめますと、

 

・アジアスーパーで練り物を大人買いしておでんをする

・舞踏会に行く

・ダイビングに行く(できれば海)

・未踏の近隣諸国に行く(まずはハンガリースロヴェニア

 

まず、おでん。

・・・してないです。

 

ていうかすっかり忘れていた。あんなに食べたかったのに。いやはや、里心すら薄れてきた模様。

 

そして舞踏会。

行きました!

楽しかった。でもダンスをちゃんと勉強しないと踊りは楽しくない。

といってもダンスホール激混みで踊るスペースほとんどなかったけど・・・

 

さらにダイビング。

行きました!

でも残念ながら再びオーストリアの冷たい湖に・・・

しかも耳の調子が絶不調で、全然楽しくなかった。

 

最後に近隣諸国への旅行。

・・・してないです。

でも代わりに仕事で未踏の国(デンマークスウェーデン、スイス)に行けたのでよしとする。

 

なので結果的には1勝1敗2引き分け、という、なんともはっきりしない達成率に・・・

 

気持ちを入れ替えて2018年の抱負を考えてみます。

今年は昨年より状況も安定しているので、もっとまともでハードな頑張る系のやつをぶち込んでやろうと思います!!

 

①ドイツ語試験B1を受験して合格する!

そのための具体的な行動:1日1回はドイツ語のアプリを開いて勉強する。その際、最低でも10分は継続して集中して行うこと。

 

私が使っているアプリはこちら

fluenz.com

お値段けっこうしますが、かなり使えます!

 

②今年の夏に日本に行くときにTOEFLを受験し、初回受験でスコア80点をとる!

そのための具体的な行動:同じく毎日アプリで最低10分間、集中して勉強する!

英語で使っているアプリはこちら。

iknow.jp

留学前に日本で準備のために使っていましたが、とてもいいです!

 

③精神的な成長を促進し、夢に向かって最短距離で行動できるようにする。

そのための具体的な行動:毎日5分の瞑想をかかさずやる。毎朝のモーニングページ

(参考書:The Artist Way)をかかさずやる。精神的な成長に使える時間を確保するようにする。

 

④人間関係のネットを広げ、今ある関係はもっとよいものにする。

そのための具体的な行動:同僚と会ったときに good morning! だけでなく、名前と、how are you? など、会話を広げるセンテンスをひとつ、くっつける努力をする。あと、嫌なことをされたら嫌だとはっきり言う。パートナーに何をしてもらうか、より、何をしてあげられるか?という視点で付き合うようにする。

 

・・・以上4つ、割とガチな抱負にしてみました。

 

仕事もあるし、住む家もあるし、パートナーとの関係も安心感があるし、

だからこそ頑張りどきということで、2018年は「頑張る1年」にしたいと思います。

 

 

Frohes neues Jahr !!

あけましておめでとうございます。

 

振り返ればオーストリアですごす3回目の年末年始でしたが、

 

仕事でそれどころではありませんでした。

 

クリスマスはよっぽどのことがない限り仕事をしないオーストリアですが、

業種によってはどうしても働かなきゃいけない人が出てきます。

 

そういうとき、私は率先してクリスマスの勤務を申し出てしまいます。

 

私はキリスト教徒ではないので、職場の大多数を占める(ていうかおそらく私以外全員)キリスト教徒の同僚たちに比べれば、クリスマスへの思い入れは圧倒的に薄いわけです。だからどんどん譲っちゃう。

 

ただかわいそうなのが私のパートナーで、

彼はそんなに熱心な信者ではない(ていうかほとんど信じてない)にしろ、

『クリスマスは家族で過ごす大事な時間』という文化で育ってきているので、

私が「クリスマスのディナー(彼と彼の家族と一緒)は仕事で参加できない」と言ったときの落ち込みようったらなかったです。

 

ディナー中にfacetime で電話してくれたのですが、

私は仕事中に私用で電話するのが好きではないし(日本人だなー)、

(ちなみにオーストリア人はよっぽど忙しくなければ普通にします)

仕事は忙しいし、

彼の家族に向かって "Frohe Weihnachten (メリークリスマス)"以外に何言えばいいかわかんないし、

そもそも顔が見える通話が大いに苦手だし、

 

通話記録を見たら2分未満で電話を切っていました・・・。

 

さすがに失礼だったなー、と反省。

 

でもでも、いいわけしますと、クリスマス仕事でも、本当に寂しくもないし、特別感もわからない。共感したいけど、できない。

このクリスマスが大事!っていう気持ち、

私には一生理解できないんじゃないかと思う。

 

ちなみに私はオーストリアの大晦日(Silvester)の過ごし方もあまり好きではないです。

オーストリアでは(ドイツも)、大晦日は打って変わって、友達同士で集まってどんちゃんやり、

新年になる瞬間は町中で花火が上がり、爆竹が鳴り、ものすごいうるさいです。

煙もすごいし、翌日の朝は街のいたるところにビールの缶やら瓶やら花火の残骸が散らばっています。

 

・・・もう少し心静かに新年迎えられませんかね??

 

と思ってしまう日本人なのでした。

 

心の底から年末年始は日本で過ごしたいと思ってしまう今日この頃。

(そんなことしたら夫婦だったら離婚されちゃうと思うのでやらないけど)

 

あー、お雑煮が食べたい!!

 

 

なんでもぬるいぞオーストリア

オーストリア人と料理したりご飯を食べたりお茶したりすると、

 

よく思うのがオーストリア人って猫舌だなー』

ということ。

 

というか日本人が熱い食べ物や飲み物に耐性があるんだろうな。

 

ふつうの温度の食べ物を食べてるときは、

たいてい私の方が遅いんだけど、

 

グラタンみたいなものとか、

あっついお茶を飲むときとか、

たまにオーストリア人とラーメン食べに行ったりすると、

たいてい私が先におわる。

 

相手は見ているこっちがかわいそうになるくらい

フーフーしながら食べているのに、

相手が半分行くか行かないかくらいで私の方が食べ終わってしまう。

 

カフェで出てくるコーヒーは、私にはぬるすぎるけど、

オーストリア人にはきっとちょうどいい温度なんだろうな。

 

あとシャワーやお風呂の温度も38℃くらいがちょうどいいみたいだ。

友達と旅行に行ったり、パートナーと暮らしている感じからして。

 

私は41-42℃くらいが好みなので、

彼らがシャワー浴びた後の温度のままだと、

「風邪ひくわ!」って感じである。

 

ちなみに彼らからすると私がお風呂はいってる温度は

「火傷するわ!」って感じらしい。

そこらへんも日本人は耐性が強いのかもしれない。