死ぬまでにしたいいろんなこと

墺太利(おーすとりあ)滞在4年

意外と回復は早かった

結局、心が折れたその後、
ドイツ語の勉強をサボったのも、
ごはんを食べなかったのも、
日課のストレッチをサボったのも
たった1日で、
(エライ!)

その次の日には洗濯もして、
ストレス発散にチーズケーキも焼く程度には元気になりました。

日本のごはんがどうしても食べたかったのですが、料理はする気にならなかったので、
夫を誘って、日本人がやってる日本食レストランに行き、海鮮丼と粉ものをたらふく食べ、

血糖値の急降下による眠気に誘われるまま好きなだけ昼寝をするという贅沢な1日を過ごしました。
昼寝から覚めたときの幸福感といったら!

あとはかなり私のシチュエーションに理解のある夫と色々と話をして、助けられました。気分転換にウォーキングに連れ回されたり引っ張り出してくれたりして。
私の精神的リハビリに付き合ってくれてありがとう、夫よ。

(こういう時に"無意識に白人主義"的な人に話してしまうと余計にダメージを食うので・・・)

仕事も普通に行ってますが、
同僚に対する距離感は変わったと思います。
頑張って好かれようと思わなくなったというか…
期待しなくなったというか…

そのせいか、かえって気負わずにずいずい話すことができるようになって、楽になりました。
開き直り!

一部の人間が私が外国人(非ヨーロッパ人)であるということに関して、またドイツ語の能力に関して、冷たく当たったり嫌味を言ってきたりする事が最近、続いたわけですが、

もう好きにしたらいいよ!
ドイツ語ペラペラのヨーロッパ人と交換したいならしたらいいよ!

私よりよく働く奴を見つけて来られるならな。

と思ってます。心の底から。

ドイツ語の勉強もコツコツ続けていますが、
モチベーションが

知識欲40%

復讐心30%

義務感20%

夫の母国語だから10%

という感じになってしまいました。

前はもっと知識欲と義務感が大きかったんですけどねえ・・・

でも「コノヤロウ💢」というモチベーションは上がっているので、

それを利用して頑張っているところです。