死ぬまでにしたいいろんなこと

墺太利(おーすとりあ)滞在4年

個人的3大「オーストリアで"化粧品難民化"しやすい化粧品」について:その3、日焼け止め

こちらとこちらの続き

 

yyyamori.hatenablog.com

yyyamori.hatenablog.com

 

では最後に日焼け止めについて。

こちらの日焼け止めは、すごくベタベタする製品が多いです。

敏感肌の私はたいがい肌荒れします。

しなかったとしても、白残りするもの、こするとポロポロ落ちてくるもの、匂いがきついものばかり・・・

 

オーストリアに来てから、地元のドラッグストアで、子供用とか、敏感肌用、透明なもの、色々試しましたが、今までこれ!というものに出会ったことがないのです・・・

 

私は日本では普段はジェルタイプのもの、海や旅行で日差しの強いところに長時間いるような場合は、アネッサのSPFが一番強いやつをいつも使用していました。

そうでないと肌が荒れることが多かったので。

 

ドラッグストアで手に入るようなやつではなくて、日本で言うところのデパコス、って言うもっと高級なメーカーのものなら、もしかしたらもっといい品質のものがあるのかもしれませんが、

ウィーンは東京より夏も短く、日照時間も短いとはいえ、春〜夏場は毎日使うものなので、そんなに高いものを使うわけにもいかず。

こちらの製品は、何せボトルが大きいし、失敗した時のショックが結構大きいのもあって、ここ数年は、日本から送ってもらっていました。

先日、スプレー式のものはいいらしい、と聞いて、出張の際に空港で待ち時間があったので、免税店でいろんなスプレー式の日焼け止めを試してみました。

そこで一番自分にあっていたのはこれ!

ãrituals sonnencremeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これは Rituals という、日本では取り扱いがない自然派化粧品メーカーなのですが、

ヨーロッパでは大人気です。匂いもいい匂いなのにきつくないし、重ね塗りしても重くない!肌荒れもしなかったし、後はどれだけ日焼けを防いでくれるかですが・・・

今年の夏はこの子に勝負をかけてみようと思います!

それでもダメなら、日本製品に戻ります・・・

 

なんというか、3大難民になりがちな化粧品のうち、ほぼ2品がオーストリア国内で解決できていないという残念な結果に・・・

理想としては、全てをオーストリアのドラッグストアで解決できると、生活がシンプルになっていいのですが。