死ぬまでにしたいいろんなこと

墺太利(おーすとりあ)滞在4年

個人的3大「オーストリアで"化粧品難民化"しやすい化粧品」について:その2、メイク落とし

こちらの続き

 

yyyamori.hatenablog.com

 

次にメイク落としですが、日本で主流のオイルクレンジングはありません。

こちらの主流は、サラサラの液体でコットンに含ませて拭き取るタイプか、もともとシート状になっていて使い捨てるタイプ。

先ほどの化粧水のときにも感じたのですが、私はどうやら、コットンやシートで顔を拭うと肌荒れします。

最初は面倒臭くないし出張にも便利なので、シートタイプを使っていましたが、Tゾーンがものすごく乾燥するので、どうしたもんかと思っていました。

ただ、その時はそれがシートタイプのメイク落としのせいだとは気づいてなかったんです。

 そんなある日、出張先でメイク落としを切らしたことに夜気づきました。もうドラッグストアなんかは閉まっていて、スーパーが開いているだけだったので、そこに唯一あったメイク落としを買ったんです。

 

クレンジングミルク

クレンジングミルク

 

 日本でも有名な、オーガニック化粧品のlavera の商品。

ミルクタイプで、顔に適量とってマッサージするようにメイクとなじませ、水でじゃばじゃば流すだけ。(コットンで拭っても良いと書いてありました)

で、これを使い始めてから、おでこの乾燥が劇的に改善しました!

ただし、洗った後に油分の膜が張った感覚があります。私にとっては潤いなんですけれども、オイリー肌の人にはよくないかもしれません。

この製品がなくなってからは、コットンを使わなくてもいい製品を色々試しています。

全体的にこれらの製品、メイクの落ちは多分、拭き取るタイプより悪いです。

私のようにあまり重いメイクをせず、かつ乾燥肌の人にはオススメです。

ちなみにアイメイクは上の方法ではなかなか落ちません。私は、メイベリンニベアの2層タイプのアイメイクリムーバー(割とどこでも売ってるので便利)でコットンをひたひたにして、10秒くらいアイメイクに当てて待ち、2回だけ同じ方向に拭き取ることで、肌への負荷を最小限にしつつ、アイメイクを落としています。

f:id:yyyamori:20190711181950p:plain

私はウォータープルーフのマスカラを時々使うのですが、上記の方法だと、マスカラも綺麗に落ちるし、肌も荒れません。

 

結論:ミルクタイプのクレンジングで、かつ水で洗い流すだけでいいものを使用。