死ぬまでにしたいいろんなこと

死ぬまでにしたいけどわりとすぐできちゃうことを実施して記録するゆとりブログ。(澳国滞在3年目に入りました)

分岐点に立っている気がする

長期海外在住者からよく聞くことがある

 

「もう日本では生きていけないと思う」

 

という言葉。

 

最近私もそれを感じるようになってきた。

多分、このままオーストリアの生活になじんでいくと、

もう二度と、日本のスピード感についていけなくなる。

 

だから、どうしても日本に骨を埋めたいと思うのなら、

今帰ったほうがいいのかもしれない。

 

投票もあるから、最近は一応日本のニュースをチェックしていて、

そういうときに社説やコラムや投稿欄を読むと、

「・・・共感できない・・・」

と思うことが多い。

 

日本にいた時は「"世間"からのプレッシャー」というのが内在化してしまっていて、

そうとう苦しんだ。オーストリアに来てその内在化した"世間"がだいぶ弱くなってきて、非常に生きやすくなった。

多分今なら日本で生きていっても「人は人!私は私!」と思うことは以前に比べたら楽にできるだろう。

でも実際に"世間"からのプレッシャーを感じるのは、あまり愉快な体験ではない。

 

そして今特に困っていることもないし、

進む道は決まっているので、

私はおそらくこの先ずっと、

どこに行っても「外国人」みたいな気分を味わい続けるのだと思う。

 

 

それでも手に入れた「自由」は捨てがたい。