読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでにしたいいろんなこと

死ぬまでにしたいけどわりとすぐできちゃうことを実施して記録するゆとりブログ(欧州滞在2年目)

何を以て留学「失敗」というのか

ふとそんなことを思いました。

私、日本に帰る予定は今のところありませんが、

今もし帰ったとして、ドイツ語もペラペラには程遠く、

(英語はだいぶうまくなった気がします)、

留学したからこそのキャリアアップ、みたいなのも多分望めないだろうし、

経済的なことを言えば、日本で普通に働いていた方が全くもって豊かだったでしょう。

 

ある人からすればそれは「失敗」なのかもしれません。

 

でも、私は来てよかったと思う。だから今のところ「成功」だと思っている。

 

なんでこんなことをいきなり思ったかというと、

何かを調べていたときに、ネットで

「海外で日本人とつるむことの是非」みたいな議論を見かけまして。

こういうところで必ずひとり、言う人がいるんです、

「お前は何のために留学したのか。そんなんじゃ留学失敗に終わるぞ」と。

 

昔の私だったら真に受けていました。

今なら「ほっといて❤️」って思うんですけど笑。

 

別に、語学が上達しなくたって、

日本人と仲良くなっちゃったって、

本人が「成功」と思えばそれでいいと思います。

別に誰に迷惑をかけているでもなし。

 

あ、お金を出したのが親御さんだったら、

親御さんには文句を言う権利があると思いますよ、もちろん。

 

「せっかく海外に行ったのに日本人と仲良くなっちゃって(または怖くてひきこもっちゃって)語学が上達しなかった自分」に気づいて、

そこを日本で生きていく上で改善していこう、って気づけたなら、

それは大成功なんじゃないかと思うのです。

 

あと、個人的には、日本人のコミュニティとの距離感は、ひとそれぞれでいいじゃない、と思う。

本当に、付き合うにしろ、付き合わないにしろ、メリットデメリットはあるので。

ただ、若い方ほど、日本人とのつながりはもっていた方が良いと思います。

そう思うようになったのは、ある本を読んだのがきっかけでした。

 

 

 これは、「将棋の子」などでも有名な大崎善生さんのノンフィクション。

19歳の日本人留学生の女性と33歳の自称指揮者の男性が、

彼女の留学先のルーマニアで出会い、最後、心中してしまうお話。

 

この男性が病的な虚言癖で、本当にどうしようもない奴なんだけど、

彼女の孤独な心は惹きつけられてしまう。

 

自分の19歳を振り返ってみると、まだまだ未熟で、まあ、そういうことが起こっても仕方ない気がした。

彼女が留学していた街は、現地日本人は数えるほどしかいない、

ネット環境も整っていないような場所だったというから、さらに同情してしまう。

 

うまくまとめられませんが、留学や海外滞在は、本当に個人的な体験であって、

本人のステータスに加え、行く場所や時期、期間、目的などにより、千差万別です。

 

何百人も留学生を見てきたエージェントとかなら一般論として語る何かをお持ちでしょうが、

そうでなければ、それは「個人的な体験」という文脈で語ったほうがいいのでは、

というか自分はそのように伝えていくであろう、ということでした。